dmとは、ダイレクトメールのことで、個人や企業に商品案内などを送る営業方法です。このdmを送る手段として、郵便や電子メールやfaxの3つあり宣伝効果もあります。郵便は印刷と封入や宛先書きから郵便局に持って行って送る手続きと手間がかかり、届くまでに数日かかります。その割に内容がわかれば、開封することもなく捨てられることもあります。電子メールは費用がとても安く済み、瞬時に送ることができますが、タイトルを見ただけで捨てられることが多いです。ファックスだと、パソコンやfax機から瞬時に送ることができ、少なからず相手の目に入ります。ファックス機には、送られてきたものが画面に映し出されて、必要があればプリントアウトできるというものもあります。選択できるので、相手側はインクや用紙の節約になります。

faxでdmの効果が高い理由について

郵便だと手間も費用も時間もかかるけど、電子メールだと手間や費用や時間はあまりかかりませんがアドレスを知る必要があり、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうこともあるし、紙の方がいいとか保管に便利だという意見からfaxでdmを送るという方法があります。パソコンやfax機から送ることができ、手間、時間、費用はあまりかかりません。電話番号で送ることができて、パソコンとインターネットの環境さえあれば、屋外から送ることも可能です。Faxでのdmサービスを行っている会社には、宛先を住所や職種に分けて、たくさん用意しているので、そこから必要なところを選んで送ることができるので、原稿さえ作れば後はお任せでいいのです。手間暇がかからないのに、人に見てもらえる確率は高く、これほどdm効果が高いものはないと思います。人目を引くような原稿作りも相談に乗ってもらえるので安心です。

効果が高いfaxでのdmは手間費用があまりかからない

郵便でのDMつくりは大変です。原稿を作り、印刷の注文をします。印刷会社に頼むこともできますが、経費削減をしているのなら自分たちで封入して、封をする。宛先シールをプリントアウトして貼っていく。郵便局に持っていって郵送の手続きか宅配業者に取りに来てもらうわないと発送できません。量が多いと封入だけで数日かかることもあります。原稿作成から相手側に到着するまでに、1週間とかそれ以上にかかるはずです。Faxだと原稿さえできれば送信できます。最短で1日くらいです。相手への到着が早ければ、その反応も早くなるので、こちら側も素早く対応できます。あまりにも早くて、こちらの準備が間に合わないということになるかもしれません。このようにDM効果が高いのはfaxの特典のようなものです。手間費用をあまりかけない最新の営業手段で売り上げアップを目指してください。

faxdmはfaxを使用して広告を配信するサービスです。 ウェブ広告とfaxdmを同時に活用している企業も増えています。 原稿は白黒でいいので、郵送DMと比べても制作はずっと簡単。 郵送DMが60~100円かかるのに比べて、faxdmは1/10のコストです。 他の広告に比べて、faxdmはターゲットからの反響が早いのが特徴です。 faxdmで効果を上げるには確かな実績の「ネクスウェイ」