今の現在、インターネットが当たり前になり、どの様なことでもインターネットを検索すれば答えがわかる様な時代になりました。それはサービスを提供するお店も同じで、自分が行きたい店買いたい商品などネット上で検索すればすぐに探し出すことが可能です。しかしそれだけネット上には情報が溢れかえっているとも言えます。情報が多すぎて選びきれないということです。そんな中で例えば自分のお店や自社の商品を宣伝する方法としてfaxでDMを送るという方法があります。一枚宣伝材料の紙を作ってしまえばあとはFAX番号を入力して送るだけといったかなり効率的な方法です。しかも紙で送られてこれば必ず一回は人の目に止まります。宣伝にかかる費用や手間から考えてもfaxでdmを送ることは効果的だと言えます。

faxでdmを送る効果はどの程なのか

自社の商品のアピールや自社のサービス店舗のアピールには様々な宣伝広告の方法がありますがその中でもfaxでdmを送る宣伝方法は効果的です。伝えたい相手の会社に直接伺って営業をするのも一つの手ではありますがその場所に行く出張費として経費がかかりますし相手の会社も押しかけ営業というのは気に入らないかもしれません。それに比べてfaxでdmを送る方法は一件十円程度で済みますし、紙で届くので気に入らない人は捨てればいいのです。ほぼ100%相手の会社の人の目に入ります。一般的にfaxでdmを送る宣伝方法でいい反応を示してくれる確率は0.3%程です。1000件送ると3件という計算です。パーセンテージだけ見ると少ない様に感じますが、十円を1000件でかかる費用は1万円ほどになります。出張して相手の会社に行く経費を考えれば費用対効果は十分と言えます。

faxでdmを送る際の注意点とポイント

faxでDMを送る宣伝方法はすごく効果的です、しかしそれにはいくつかの注意点があります。一つはクレームに繋がるということです。勝手に自社の情報を送ってしまうのですから、こんなもの送らないでほしいと言われても仕方ありません。その際はすぐに対応して送らない様にするしかありません。もう一つはDMとして送る宣伝材料の紙が白黒になってしまうということです。自社のイメージとしてカラフルな色合いを使用できればいいのですがfaxですのでどうしても白黒になってしまいます。白黒でも伝わる様なわかりやすい宣伝内容の紙媒体をあらかじめ用意する必要があります。faxという1枚の紙ですので実際に伺った時の様に長い時間をかけて説得していくというようなことはできません。より目を引くもの気にかけてもらえるものを作成しなければいけません。気に入らなければ捨てられるというのがFAXでDMを送る際の注意点です。