faxでdmを送ること、いわゆるファックスdmと呼ばれるものは、その名前の通りファックスを使って、ダイレクトメールを送信するマーケティングの手法のことです。通常の封書としてハガキやダイレクトメールの紙媒体でのdmとは異なりますが、ほとんど同じ内容の商品紹介であったり企画紹介であったりを行うことが可能になっています。では、なぜハガキやダイレクトメールで実施するよりもファックスを使って行うのかと考えてみると非常に簡単なことです。それは、ファックスを使うことによって多くの利点や効果が生まれてくるためです。その利点をいくつか挙げていきます。そして、自社ではなくファックスdmを業者に代行することの特徴と選定方法を把握しておくことが必要になってきます。そのポイントについても解説していきます。

dmをfaxで送信する効果とは

まず紙媒体で送るのとは異なるため、ハガキなどでdmを行うより印刷代や紙代を節約できる効果があります。また、比較的安価でファックスDMは行うことができルところが利点です。また。紙面を大きく取ることができるため、セミナーやイベント集客などに関してのdmであれば、地図を詳しく組み込んだり、写真を複数掲載したりすることもできるようになります。また、ハガキなどと異なり、faxでは瞬時に送ることができるので、季節ものやトレンドのものをいち早く紹介することができるのも良い点であると言えます。さらに、業者を使うことで、容易にターゲットを絞ってdmを送信することができるようになります。dmで売り出したい製品の特徴を捉え、例えば女性向けの商品なので女性が多い企業をターゲットに絞ったり、年配向けのものであれば年配層が見てくれる企業にターゲットを絞ったりすることが可能になります。

faxdm業者の特徴と選定基準を把握

DMをfaxで配送代行してくれる業者は現在多くあります。その中からどのようにして業者を選んでいくのかを挙げていきます。大切なのは、効果が期待でき、初期費用や基本料金が安いところです。中には無料のところも多く存在しています。また、同様に送付リスト提供費用です。こちらも無料提供のところがあります。また、配信のボリュームによって変動するものですが、配信単価などがあります。このように料金面でのポイントも多くありますが、もう一つクレーム対策まで取り入れている業者を選ぶことをオススメします。DMをfaxで送るということは、ある意味相手企業の紙代、印刷代を勝手に使ってしまっているというデメリットな面も兼ね備えています。そうしたことからクレームが発生することもあるので、クレームのブラックリストの作成や対応まで含めて協力してくれる企業を選ぶようにした方が良いです。